使い方が簡単なものを選ぶのがおすすめ

通学の時の防犯に有用で扱い易い防犯グッズ

子供を学校に通わせる年齢になると気をつけなければいけないのが通学の時の防犯です。近頃は学校の防犯意識が強くなり校舎に入ってしまえばセキュリティが高く比較的安心ですが、登下校の際は教師や保護者の目が届かないことも多いため対策をしておきましょう。そのための基本は防犯ブザーを持たせることで、通学の時の防犯をグンとアップさせるという方法です。
色々ある中でもこの防犯グッズが選ばれる理由は、大きな音を出して不審者から守ると同時に周囲の大人への助けを瞬時に求めることができるからです。恐ろしくて声が出せないというときでも、防犯ブザーを使えば助けを求める声と同じ役割を果たすので、登下校では常に身に付けさせておくべきものといえます。付けるところはランドセルの側面やベルトなどすぐ手が届くところなどが好ましく、子供がとっさに使うことを考慮して利き手などから位置を決めておきましょう。
購入したら事前に自分で音を出させてみたり、新学期のタイミングでメンテナンスをしたり、壊れていないことを確認して使うことが大事です。もし壊れていた場合や定期的な買い替えを検討しているときには、ネット通販を利用すると素早く良質な防犯ブザーを手に入れて通学の時の防犯ができます。

通学の時にお勧めの防犯グッズと選び方

通学の時に使用することが出来る防犯グッズには様々な商品が存在します。小学校低学年の子供にもお勧めなのが防犯ブザーで最近はシンプルで安価なモノから可愛らしいモノまで多岐に渡っています。

さらに防犯の為に子供用の携帯電話を身に着けさせる親が増えてきています。携帯があれば連絡を取ることが出来ますし、CPS機能をインストールすることで子供のいる場所を把握することも可能です。その他にもホイッスルのような防犯グッズなら紐を通していつでもどこでも身につけておくことが出来ます。

またリップ型の催眠スプレーといったモノやペン型のタクティカルペンなど護身の為のアイテムも多く販売されています。そして沢山の種類の中で通学の際の防犯グッズを選択する時のポイントは出来るだけ小さいモノ、身に着けやすいモノを選ぶことです。

それから使い方が簡単なモノを選ぶことをお勧めします。防犯ブザーならランドセルに着けるタイプのモノが売っていますし、目に見える場所に着けることが防犯に繋がります。あと子供に持たせる時はその理由をきちんと説明して、子供に防犯意識をきちんと持たせて知らない大人に対して警戒心を持つ様に言い聞かせることが重要です。

新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 子どもの成長とともに、行動範囲が広がることに抱く不安を、当社サービスがサポートします!通学時の防犯対策サイト

注目の記事

カテゴリ:対策と対処

時間帯や気候で変わる危険性を把握

防犯するなら通学路の危険を知ろう 子供が事件に巻き込まれるのは、大抵は通学路上です。通学路は安全なものだと思っている人も多いですが、実は危険が潜んでいる可能性があるのです。その理由は時間帯が…

詳細はコチラ

カテゴリ:対策と対処

自分の身を守る為の様々なグッズ

通学時の防犯には防犯ブザーを利用しよう 子供が小学生になると親と一緒に行動することが少なくなり、一人で出歩くことが増えてきます。一人で習い事へ行ったり、友人と遊びに行ったりするでしょう。また…

詳細はコチラ

カテゴリ:対策と対処

危険な時に対処がしやすいグッズの取り付け位置とは

通学時の防犯対策について 朝というのはあまり不審者は多くなさそうなイメージがありますが、逆に同じ時間帯に大勢の子供達が歩いている登校中の時間帯というのは、不審者にとってはある意味狙いやすいタ…

詳細はコチラ

カテゴリ:注意点

危ない道は避けて非常事態にはブザーを鳴らす

通学時の防犯グッズの注意点とは 子供が通学で危険な目に遭わないためには、防犯対策をしっかりとする必要があります。防犯対策にはいろいろとありますが、中でも手軽なのが防犯グッズを使った方法です。…

詳細はコチラ