危ない道は避けて非常事態にはブザーを鳴らす

通学時の防犯グッズの注意点とは

子供が通学で危険な目に遭わないためには、防犯対策をしっかりとする必要があります。防犯対策にはいろいろとありますが、中でも手軽なのが防犯グッズを使った方法です。防犯グッズは子供でも手軽に扱えるものが多いですから、持っておいて損はありません。
防犯グッズにはたとえば音が鳴る防犯ブザーやGPSつき携帯などがあります。一つだけ持たせるよりも、複数の防犯グッズを持たせたほうが安全性は高いです。ただどちらにもいくつかの注意点があります。
まず防犯ブザーですが、非常時ではないにも関わらず、お遊び感覚で音を鳴らしてしまう子供が少なからずいます。本来なら非常事態を表す音であるにも関わらず、そうやって音を鳴らして遊んでいると、次第に周囲の人もまたかと思い見向きもしなくなります。
つまり実際に非常事態に陥って音を鳴らしても、いつものことだと思って誰も助けに来てくれない可能性があります。ですので子供には非常事態以外は音を鳴らさないように注意するのが大切です。
またGPSつき携帯は必ず持たせることができるとは限りません。というのも学校側が携帯を禁止している場合があるからです。しかも基本は居場所を特定するものであるため、怪しい人物を近寄らせないようにする効果はあまりありません。
ですのでGPS携帯よりも防犯ブザーを持たせたほうが安全だと言えるのです。

通学時に心がけておくべき防犯対策

子供が不審者から狙われる可能性が高いのは通学時のことです。特に下校時は注意しなくてはなりません。登校するときは通勤の時間と被ることもあるため人通りが多いですが、下校時は朝よりも人通りが少ない場合が多いです。ですので事件に巻き込まれやすいのです。
そこで身を守るためにも、防犯を心がけることが大切なのです。まずもっとも重要なのは一人で下校しないことです。人目があるところでは不審者も手を出しにくいですから、できるだけ一人にならないように行動しましょう。
ですが友達と一緒に帰るとはいっても家が違うのですから、自宅にたどり着くまでには一人になってしまうことも珍しくはありません。ですから大人がたくさん通っている道を選んで帰宅することをオススメします。
とにかく人目があるところにいる、それが一番大事なことなのです。誰かの目があれば、もし何らかの危険が迫っても助けてくれる可能性が高いです。あるいは誰かが警察に知らせてくれるかもしれません。
また道を歩くときは道路側に近づかないことも防犯対策になります。というのも子供が通った瞬間を狙って車の中に引きずり込むというケースがあるからです。ですので停まっている車には近づかないようにしましょう。
このように下校時には気をつけるべきポイントがたくさんあります。