自分の身を守る為の様々なグッズ

通学時の防犯には防犯ブザーを利用しよう

子供が小学生になると親と一緒に行動することが少なくなり、一人で出歩くことが増えてきます。一人で習い事へ行ったり、友人と遊びに行ったりするでしょう。また、自転車も乗れるようになってくるので行動範囲も広くなります。近年では子供を狙った犯罪が増えてきているので、心配している親御さんも多いのではないでしょうか。子供が犯罪に巻き込まれないようにするために、防犯対策を充分しておく必要があります。様々な防犯対策がなされ、防犯グッズも色々なものが販売されています。これらをうまく活用し、子供たち自身に身を守ることを教えることが大事です。

近年では防犯グッズも色々なものが販売されていますが、メジャーなものたいえば「防犯ブザー」ではないでしょうか。学校や自治会が購入して子供に配っているところもあります。防犯ブザーは周りに危険を知らせることができる上に、不審者を驚かせることにも利用でき、自分の身を守るためには良い道具なのですが、子供によっては面白がって鳴らす子もいます。防犯ブザーの音がうるさいと苦情が自治会や警察署、学校にきているようです。親がきちんと防犯としての道具だと教えることが大事になります。今では携帯電話と防犯ブザーが一緒になっているものもあり、GPS機能がついているので、子供の居場所も把握することができます。防犯ブザーをうまく使うことで不審者から子供の身を守ることができます。

子供の通学は防犯グッズで対策しよう

子供が通学する道中で、何か事件や犯罪に巻き込まれないかと心配になるご両親も少なくはないと思います。いくら集団登校といっても危険なことが起こらない可能性はないのでとても心配になることでしょう。そんな時に思いつくのが防犯グッズだと思います。防犯グッズは店頭でもたくさん種類が並んでいますし、通販でも簡単に購入することができますので、子供の危険を防ぐことができます。防犯グッズで有名なのが防犯ブザーですが、防犯ブザーも種類が増えており、防犯ブザーに見えないキーホルダーになっているものもあります。なので、防犯ブザーを鳴らす危険にさらされた時に妨害されることなくブザーを鳴らすことができると思います。防犯ブザーとわかると妨害してブザーがならないようにするという事例も増えていますので、防犯ブザーに見えないものを身に付けさせると、子供の防犯対策になって危険から守ることができるはずです。女の子でも男の子でも使えるデザインのものが豊富にありますので、お子さんと一緒に選ぶといいでしょう。一緒に選べばお子さんも通学時の危険性を理解することができますし、かっこいいデザインや可愛いデザインを楽しむこともできます。防犯ブザーも進化していっていますので、気になる方はお子さんとお店へ足を運んでみるといいでしょう。